読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来るだけ楽しみたいから

嫌いなものには関わらず好きなものに囲まれて生きていたい

旧:3巻まで読んでみた

ヒビキのマホウという漫画が完結いたしまして

kindleコミック

kindle



星3つ★★★☆☆

クラナドエンジェルビーツ麻枝准が原作をしている漫画で、まあ、誰も知らないと思うんだけど。それが無事完結ということで感想を。

 

面白いかつまんないかなら一応面白いほうだとは思う。が、人に勧める程ではない、というのが正直な感想。

 

小さな話なんです。未熟なマホウツカイの女の子が周りの人を幸せにするために頑張る。ありがちな設定ですね。展開もありきたり。でも読んだ後、なんとなくよかったよと思える作品。ラスト2巻はアヒト、ヒビキ・先生の話だったけど、アヒトの話は正直微妙。アヒト自体は好きだけどすべての展開が話をあそこに持ってく為だけに並べられてるようにしか思えんかった。

 

最終巻はよかった。って言うかね、この漫画で何が1番良いかって言ったらさぁ、個人的にシロツキ先生の話なんだよね。先生の話って基本当たりだよね。で、今これを書いてて思い出したんだけど、AIRのプロットがこの漫画の元になってるんだよね(ん?AIRとヒビキが同じプロットから出来てると言うべきか?)。だからラストも簡単に予想出来たんだよね。読んでる時はまったく気づかなかった。

 

だーまえ原作の物語はこれが最後ですかね?言っちゃいけないのかもしれんけど、やっぱり大作を作ってほしい!音楽だけじゃ我慢できない!あ、でも秋の歌(スペルが分かんないので日本語表記)は良かった。最初はほんとにコレジャナイだったけど結局はいつものスルメだった。