読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来るだけ楽しみたいから

嫌いなものには関わらず好きなものに囲まれて生きていたい

旧:3巻まで読んでみた

昭和天皇 一部~七部

 kindle

 

星3つ★★★☆☆

 

ようやく完結。一巻を読んだのがかなり前になるから、うろ覚えのレビューになるね。

 

一人の人物伝として七巻はさすがに長すぎる。が、それには理由がある。あるが、それはポジティブな理由ではない。

 

昭和天皇の生誕前から始まり崩御までのことが書かれているわけだが、合間合間にまったく関係ない人物の話が数ページ挿入されている。いや、関係ないと言ってしまうとちょっと違うか。昭和天皇と同時代を生きた人達だからね。でもね、ヒトラー近衛文麿とかならともかく、捕まった共産主義者の彼女や芥川龍之介の知人、はてはよくわからん客寄せの芸人の話とかを、メインの話をぶつ切りにして挟み込まれても正直困る。

 

作者はあとがきで昭和天皇を中心に色んな人物を出すことで「昭和」を書きたかった的なことを言ってたが、うーーーん、と唸ってしまう。確かに多くの視点から昭和を見れるのは良いけど、いくつかの残念な点のせいでこいつら全部要らんだろって思っちゃうんだよね。

 

残念な点の一つ目。ページ割きすぎ!自分の印象じゃ半分くらいは関係ない人の話で埋まってるぞ。いや、流石に半分は言い過ぎた。が、とにかく多い。特に共産主義者視点。

 

二つ目。小説か!(タカトシ)あのね、女性視点の時が特にそうなんだけどさ、基本的に一人称で書かれてんの。で、誰かのセリフから始まる。文学作品かな?って感じで前後の話とまったく合ってない。浮きまくり。芸人の淡々とした独白とか申し訳ないが面白くもなんともない。

 

完全に否定はしないけど、もうちょいなんとかならなかったのかねぇ。

 

良かった点ももちろんある。と言うより、自分の読みたかった所がちゃんと書かれている。具体的には統帥権や政治にどこまで口を出して良いのか等の部分。ちゃんと書くべきとこは書いてる。んだけど、敗戦後からは駆け足気味かな。崩御のとこなんて数ページどころか数行だもんな。まあ、ここはあえてそうしたのかもしれないけど。

 

マイナス点ばっか上げてしまったが、間違いなく読んで良かった。昭和天皇の愛されっぷりも大いに納得。

ニコ動で「例のアレ」カテで上げた動画がスマホで反映されないあなたへ

いろいろ試してたら多分だけど解決したっぽいので。

 

以下の2つを同時に試してみた

 

 ・スマホから投稿

 ・タグを付けないで投稿

 

これでスマホの検索でも表示されるようになった。

どちらのお陰かはまだ分からん。ちなみにスマホの投稿はfirefoxでやった。

参考になれば

 

追記

だ、駄目だった、、、

また反映されなくなったぽ

ヒビキのマホウという漫画が完結いたしまして

kindle



星3つ★★★☆☆

クラナドエンジェルビーツ麻枝准が原作をしている漫画で、まあ、誰も知らないと思うんだけど。それが無事完結ということで感想を。

 

面白いかつまんないかなら一応面白いほうだとは思う。が、人に勧める程ではない、というのが正直な感想。

 

小さな話なんです。未熟なマホウツカイの女の子が周りの人を幸せにするために頑張る。ありがちな設定ですね。展開もありきたり。でも読んだ後、なんとなくよかったよと思える作品。ラスト2巻はアヒト、ヒビキ・先生の話だったけど、アヒトの話は正直微妙。アヒト自体は好きだけどすべての展開が話をあそこに持ってく為だけに並べられてるようにしか思えんかった。

 

最終巻はよかった。って言うかね、この漫画で何が1番良いかって言ったらさぁ、個人的にシロツキ先生の話なんだよね。先生の話って基本当たりだよね。で、今これを書いてて思い出したんだけど、AIRのプロットがこの漫画の元になってるんだよね(ん?AIRとヒビキが同じプロットから出来てると言うべきか?)。だからラストも簡単に予想出来たんだよね。読んでる時はまったく気づかなかった。

 

だーまえ原作の物語はこれが最後ですかね?言っちゃいけないのかもしれんけど、やっぱり大作を作ってほしい!音楽だけじゃ我慢できない!あ、でも秋の歌(スペルが分かんないので日本語表記)は良かった。最初はほんとにコレジャナイだったけど結局はいつものスルメだった。

ペット動画を上げてる人に一言物申す

テレビは消して、BGMは入れないで(はーと

 

犬猫が好きだ。動画を見るのももちろん好きだ。しかし、テレビやBGM等の「雑音」が入った動画にぶち当たることがたまにある。

 

現代は、誰もが動画を作って世界に公開することができる。ジャンルも多種多様だ。その中にあって、ペット動画には他のジャンルの動画と違う点がある。

 

編集・加工は無ければ無いほど良い

 

ありのままの姿がみたいのです。食事シーンのクチャ音も好き(人間のは嫌い)。腐ったテレビの真似事なんてする必要なんかないんだよ。

 

具体例をだすのは非常に申し訳ないんだけど、1つだけ。

 

アメリカで、捨て犬を保護して新しい飼い主を見つけて譲渡するボランティア(?)をしている人達の動画がある。それを纏めた動画がニコ動に上がってるんだけど、「泣いてください!感動的な動画です!」と言わんばかりの曲が付け足されてるのがあまりにも残念すぎる。良い動画なんですよ、曲なんてなくても。

 

動物好きが何を求めてペット動画を見てるかを考えれば、BGMなんて不要だと気づくはず。

 

あと、撮影する時はテレビを消そうね!テレビ大嫌いだから。(テレビ見ないアピールを忘れないテレビ嫌いの鑑)

某アイドルのライブに行ったらオタ芸マスターが格好良くて感動した

アイドルのイベントなんてまず行かないんですよ。でも色々あって行ってみたわけさ。

 

で、そのライブなんだけど、性質上、今回は俺の様な初見が多いライブでさ。アイドルイベントの常連なら当然知ってるルールや、合いの手・コールとか全く知らない人が結構な割合を占めてたのよ。

 

このライブ、もしかして寒いことにならないか?

という思いが一瞬よぎったが、一人の観客によって、それは無事に回避された。

 

ライブ開始。真っ先に声を上げるオタ芸マスター。ノッてくれる人は少し。それでも合いの手を入れ続ける。会場に響く声が徐々に大きくなっていく。なんとか体裁を保てるレベルまでになり、そのまま何曲か無事終了。

 

自分が率先して声を出さなきゃ駄目だってことがハナから分かってたんだな。凄いわ。

 

否、本当に凄いのはここからだった。次にかかった曲、それは会場で初披露された新曲。しかし彼は、一度聴いただけのその曲にもきっちり合いの手を入れる。AメロBメロサビとパターンを変えて合わせるその姿にただただ感動した。

 

出演陣がイベント慣れしてることもあってとても面白かったけど、彼が一番印象に残ったな。

ユーリすげぇ

1話観た。あり得ないことが起きた。何があり得ないって、俺がこのアニメを面白いと思うことがあり得ない。

 

俺はフィギュアスケートをまったく見ない。と言うか、大嫌いだ。あんなの女子供が見るもので、スポーツというよりエンターテイメントだ、と本当に思ってる。

 

そんな人間に面白いと言わせるなんて一体どうなってるんだ。

 

こういう作品を作れてる限り、日本のアニメは安泰だな。

誰も指摘しないAngelBeats!とシャーロットの欠点

この2作品、駄目な所を挙げたらキリがないくらい沢山の欠点がある。この記事では、その中でもまだ誰も指摘してない(と思う)大きな欠点を1つ取り上げる。

 

その欠点は、麻枝准が長い間、ギャルゲーという特殊な媒体でシナリオを書いてきたことに起因する。ギャルゲーはヒロインごとにシナリオがあり、それぞれのシナリオは断絶されてる。CLANNADのことみシナリオは、Key作品では珍しく他のヒロインも最後まで出ずっぱりだが、そこで展開される話はことみのみで、他ヒロインのシナリオが同時に進むわけではない。

 

ここで何でもいいのでアニメを幾つか思い浮かべてほしい。進撃の巨人コードギアスがっこうぐらし。普通、アニメのシナリオはメインシナリオという大きな道路があり、ほぼすべてのキャラが横一列に並んで一緒に歩いている。「メインシナリオを1つ進めよう。じゃあ今回はこのキャラとこのキャラにスポットを当てよう。次の展開ではこのキャラの秘密を明かそう」

 

1つのメインシナリオがあり、その中で起きる事件、イベント、戦闘と、ほぼすべてのキャラのシナリオが絡み合ってる。これが普通だ。

 

で、AB!とシャロである。

 

まずはAB!だ。ラスト直前、ゆりっぺが単身、ラスボスのいる部屋に突入する。うん、この時点ですでにおかしい。主人公の音無はこの時何してたっけ?たしか天使ちゃんの所だっけか。まあ、それもそのはず、だって音無は天使ちゃんとのアレコレのために作られたキャラなんだから。ゆりっぺの神への抵抗とはまったく関係ない。いや、音無だけじゃなく、すべてのキャラが「ゆりっぺのシナリオ」と関係ない。仮にラスボス突入時にゆりっぺ単独ではなく、例えば日向が一緒だったとしても、それはことみシナリオに他のヒロインが登場するのと同じレベルでしかない。

 

そしてラスボスである。この話の放映前、ネットでは、このキャラが黒幕だ。いやあのキャラだと予想する書き込みを結構目にした。しかし、蓋を開けてみたら、そこに立ってたのはなんかよく分からん新キャラ。視聴者ポカーンですよ。でも僕は、麻枝があえて戦線メンバーを黒幕にしなかったのだとその時は思った。意外なキャラを黒幕にして視聴者を驚かすなんて安易すぎるからそこは外していこうと。しかし、シャロによって、麻枝の中には戦線メンバーを黒幕にしようなんて発想はそもそも無かったのだ気づいた。何故その発想が無かったのか。それは戦線メンバーにはそれぞれに(メインシナリオとは関係ない)個別のシナリオがすでに用意されてるから。だから黒幕は黒幕で新たに用意する。シャロで言うと海外のプロも同じだ。普通のアニメならここで高城あたりに「実は裏切者でした」という役割を与える。

 

つまり麻枝作品は、一人ひとりに細い道があり、スポットの当てられたキャラだけが歩く。時に他のキャラがスポットの当たってる道に顔を出すが道の外から見てるだけで何かの役割を持ってるわけではない。

 

次はシャロ。まあ、言わずもがな、あのアイドルである(もはや名前も忘れた)。多分、麻枝が生み出したキャラのワーストはこいつだろう。キャラ自体の魅力とシナリオ、2つの意味でね。このアイドルが加入する回の感想で見かけたんだけど、このアイドルを付け狙ってた大物プロデューサーを科学者連中の仲間と勘違いしてる人が数人いたんだよね。まあ分からんでもない。能力を持ったメインキャラが誰かに狙われてる。メインシナリオと関係があると思ってしまってもしょうがない。で、現実はというと、最初から最後までメインシナリオとはまったく関係なかったっていう。彼女1人だけならともかく、妹ちゃん救済後の空気っぷりや、もはや言葉もないジエンドのアレ。麻枝にも言い分はあるだろう。つまり、シャロは主人公とヒロイン、2人だけの物語なんだと。他のキャラを絡ませないのは意図したことだと。が、これは言い訳にならない。最終話はあれで良い。2人の話がメインなんだから。しかし、ラスト以外の所でいくらでもメインシナリオと絡めるチャンスはあった。絡めると言っても、海外のプロとの戦闘に高城やアイドルを参加させるとか安易なことではない。そのキャラが抱えてる問題や秘密が、メインシナリオと密接に絡んでいて、そのキャラの話を進めることが、同時にメインシナリオを進めることにもなる。これが普通の物語だ。

 

麻枝がこのようなシナリオを書いてしまう原因として、ギャルゲーのシナリオをずっと書いてきたこと、と最初に述べた。しかしこれ、本当は正しくない。今、アニメ業界にはギャルゲー出身のライターは珍しくない。その中で麻枝と同じ欠点を持った人を僕は知らない。つまり、不思議なことに、麻枝だけがギャルゲーシナリオと同じ書き方でアニメを作ってしまってるということだ。

 

答えは単純明快だ。麻枝にアニメを作る才能は無い。

 

って、何だこの文章は(ドン引き)。これでも生粋のだーまえ信者なんだけど。アンチ以外の何者でもないな。まあ、でもこれが偽らざる僕の本音です。